鯉たろう日記

子育てや映画の記録です。

コンサ採点2017年度ミッドフィルダー編

コンサ採点のミッドフィルダー編です。

やたらMF登録の選手が多いので二回に分けます。

 

2.横山 知伸 6.5
途中怪我での離脱もありましたが、CBの中心として、よく戦ってくれました。ただ、やられる場面も多く、ソンユン頼りも多い。金崎クラスが相手だと全く歯が立ちません。そんなにあのクラスはいないけど。
セットプレーでゴールを決めた時に、誰も付いていかずに一人ぼっちになってたのが面白かったです。レンタルなので来年もいてくれるかどうか。見た目が前田日明みたいで怖いです。
4.河合 竜二 6.0
さすがに年齢的な衰えを感じることも多く、スタメン起用は厳しくなってきました。が、いきなり相手を完璧に抑え込んだりする試合もあるので、相手によってはまだまだ現役。よくわからない。スポット的な活躍が増えるかとは思いますが、序列的にやっぱりこれからも欠かせない存在。タイ国民からはヤ○ザおじさんとして人気。契約を延長しましたが、先日の清水戦で骨折してしまいました、、、。
6.兵藤 慎剛 8.0
試合中、常に気の利いたポジショニング、プレス、パス、コーチングをし続けてくれて、試合終盤の「そこ危ない!」ってところには必ずケアしてくれる。いつも試合見ながら「兵藤さん、来てくれてありがとうございます。」と心の中で拝んでいます。
CMシリーズは、兵藤さんのが一番好き。最初見た時、扱いwwwと思ったけど。
来年もよろしくお願いします。
7.ジュリーニョ 5.5
夏前にアキレス腱断裂の大怪我で離脱。前半戦に2点取ってますが、相手チームのレベルの違いもあり、去年のような爆発力は見られませんでした。好きな選手ですが、ジュリ離脱のおかげで、ジェイボスさんが登録できたことを考えると複雑です。たまに頭にハンバーグ乗せてます。
8.深井 一希 採点不可
なんども膝を壊しては復帰を繰り返す、不屈の男。色々な意見はあると思いますが、怪我したくてしている選手なんて一人もいないので、マジで心から応援しています。(自分も膝を怪我しまくってるからってのもあるけど)復帰はいつになるかわからないけど、戻ってくるの待ってます。髪の毛はすごい直毛。寡黙。
10.宮澤 裕樹 7.0
頼れるキャプテン。今のコンサのシステムだと、守備は兵藤か宮澤の能力任せによるところが大きいので、欠かすことのできない存在。「環境(立場)は人を変える」とか言われるけど、それの体現者的にキャプテンに就任してからのプレーは覚醒中。たまにCMなんかも任せられるが、地下鉄やラジオで聞こえてくる声は棒読みで抜くやつ。「おもろしろくなりそうだぜ」
15.菊地 直哉 6.5
的確な読みとコーチングで、ディフェンスラインに安定をもたらしてくれる一流選手。たまにお洒落パスを試みるが、それが大ピンチにもつながったりするお茶目な面も。元ディフェンダー的にこういう人と一緒にサッカーやりたい。怪我の影響か前半戦は余り出番はありませんでしたが、今のコンサの右ウィングには自由奔放な選手を置かれることが多いので、後ろには控えて欲しい選手。是非完全移籍を。
16.前 寛之 採点不可
前兄弟の弟で、お兄ちゃんは山口に行ってしまいました。恵まれた体格とぎんじろっちに似た愛らしいフェイスを活かせず、今年も結局適性ポジションがわかりませんでした。

 

また次回。

 

【北海道コンサドーレ札幌】白い恋人×コンサドーレ2017「やるぞ!J1」ボクが言いたい篇 - YouTube

 

今日の鯉太郎

最近は一人遊びもできるようになり見てると楽しいです。今はとにかく何かとガラピコをぶつけ合う遊びにハマっています。

コンサ採点2017年度ディフェンダー編

札幌は雪に埋まり、終了しました。

 

さて、前回に続いてコンサドーレ札幌2017年度メンバーの個人的採点、ディフェンダー編です。

 

◾️ディフェンダー
3.田中 雄大 5.5
前半戦はスタメンで出ることも多く、攻守に奮闘していた記憶があります。個人的なピークは札幌ドームでのミキッチ(広島)とのタイマンバトルでした。怪我でスタメンを譲ってからは、全くプレーを見ることもなく、主戦場は明るいキャラクターを活かした広報活動となりました。どさんこワイドの生中継に出た時、声出して笑いました。
あと、渡辺いっけいさんにもよく似ていました。
5.増川 隆洋 採点不可
われらアーツの誇り高き首長。大怪我からの復帰、おめでとうございます。年齢的な部分もありますが、できることなら来年も一緒に戦ってください。
14.上原 慎也 5.0
カップ戦での小野へのアシストが今シーズンのベストプレー。身体能力はすごいので、ジェイボス、とっくん、上原を三枚並べて、ひたすらクロス放り込めば年間90点ぐらい取れるんじゃねぇかなと思っています。多分、カウンターで150点ぐらい取られるけど。
24.福森 晃斗 7.5
今年も我が軍の砲台として大活躍してくれました。加入当初はディフェンス面で不安定なところもあったけど、攻撃面でのプラスが大きいし、ディフェンスも大分安心して見てられるようになりました。大宮戦のフリーキックは鳥肌立ちました。
ぽっちゃりなところと、生放送のインタビューで好きなお菓子をスポンサーとは別メーカーのチョコを答えちゃう天然なところも可愛いです。来年もよろしくお願いします。
32.石川 直樹 7.0
後半戦からやってきた救世主①。加入後の初戦こそ怪しかったが、すぐに順応し、あっという間に左サイドに欠かせない存在になりました。あんだけクロスを放り込んでた菅ちゃんやマセードでダメだったのに、すぐにアシストを記録する辺り、ポテンシャルの違いを感じます。来年もよろしくお願いします。
ちなみに、大森健作さんの解説の試合だと、「ナオキは昔から〜」とか「こないだナオキとも会話したんですが〜」とかやたら仲良いアピールが鬱陶しいです。
35.進藤 亮佑 5.5
調子乗りっぽいけど、とってもいい子。スポンサー受けも良いらしい。
でも、マリノス戦とか見る限り、このままじゃ厳しいからガンバあたりにレンタルして宮本さんに鍛えてもらった方がいいかも。CBで安定感がないのはちょっと怖い。でも、明るくていい子。
37.濱 大耀 採点不可
大ケガしたみたい。ユース出身なので大事に育ててもらいたい。

 

今日の鯉太郎(娘)

また軽く風邪を引いて、おもちゃからぬいぐるみまで鼻水まみれにしています。

コンサめでたい

祝!!コンサドーレ札幌!!!

 

J1リーグ残留決定しました!!!!

 

前田はんも書いてましたが、ぼくも口では強がってましたが、残留に関して正直きっとダメなんだろうな、、、と思ってました。嬉しすぎます。

まだリーグ戦は2試合残っていますが、あとはもう消化試合です。ガンバ戦で中原の成長を見て、サガン鳥栖戦で「ゴールデンカムイ」コラボタオルマフラーをもらったらもう今シーズンは終了です。

f:id:dms6388:20171118232115j:image

 

というわけで、コンサドーレ札幌、2017年度メンバーの採点をしたいと思います。

ネタ、印象重視の超個人的な基準なのでちゃんと知りたい人は専門家さんの採点等を見てください。

◾️ゴールキーパー
1.金山 隼樹 5.5
第2ゴールキーパーの地位から脱せず。
出場はソンユンが代表選出時や、怪我の時に限られ、その試合もあぁソンユンだったら取れたなぁ、、、という失点もあり、なんだか可哀想な感じに。来期の処遇はソンユン次第なのかも。
キャラクター的には頭髪中心にいじられキャラになっているので、チームにとっては必要なのかもしれない。
25.ク ソンユン 7.5
今年もお世話になりました。たまーにポカミスでの失点もあるけど、何度もあなたの神セーブで本当に助けられました。性格もウルトラナイスガイで、毎回ゴール裏に深々と頭下げて挨拶してくれる姿には何度心打たれたことか。キック精度とある時期の原西みたいな髪型や増えるタトゥーに少し心配もしましたが、今は何も心配していません。来年もよろしくね。
30.杉山 哲 採点不可
プレー見てないです。今年も顔が濃かったです。
CS.ドーレくん 7.0
今年も神対応頑張りました。一点不満を述べるとしたら、市内のイベント出演の告知が遅いこと。見に行きたくても当日に告知されたら見に行けません。それも各SNSを駆使して、改善されてきている気がします。

来年はマスコット総選挙頑張ろうね。

 

次回はディフェンダー編です。

 

今日の鯉太郎(娘)

二歩歩きました!来週の一歳祝いの餅背負いに向けて順調に仕上げてきてます。

寒すぎぃ!

どうもです。

 

小松菜奈が大泉洋に片思い!? 「恋は雨上がりのように」映画化で初共演 : 映画ニュース - 映画.com

 映画化ですか、、、

 

まぁ、生田斗真と 土屋太鳳主演とかじゃなくてよかったじゃないですか。うん。

ここ1~2年で量産されて、そしてどの映画もお客さんが入らなくなってるキラキラ系ムービーに無理矢理入れられて、悲惨なことにならなければよいですが。

 

話変わりまして、

今日、札幌めっちゃ寒かったですね。

札幌出身だけど、今日は久し振りに驚きました。

去年のこの時期って何してたか思い出せないんですけど、鯉太郎(娘)が産まれる産まれないで、嫁が入院したりとかでバタバタしてたような気がします。

確か産まれた時は雪積もってなかったから、なんとなく今年も持ってくれればよいなとは思っています。

 

今週遠出も多く疲れたまっているのか、今日の夕方くらいからなんとなく怪しいので、葛根湯飲んで今日は寝ます。

 

今日の鯉太郎

バナナ欲しさに暴れています。最近忙しくてあまりお風呂も入れられてなくて悲しいです。

レア体験

どうもです。

 

今日は旭川に日帰り出張だったんですが、

行きも帰りも同じおっさんが斜め前の座席に座るというレア体験をしました。

 

どんな確率よ、、、とか思いましたが、

ぼくは旭川に営業行く時は大体同じ時間で、同じ号車、座り位置もなんとなく決めているし、帰り時間も余程のことがなければ変えません。

そもそも30分に一本だしね。

おっさんもルーティンが決まっているのであればそんなすごい確率じゃないのかもしれませんね。

 

そのおっさんは帰りにご機嫌にチューハイ飲んでて、戻って仕事をしなくてはならなかった自分の力のなさを呪いました。

 

今日の鯉太郎(娘)

朝も早めで帰りも遅かったのでほぼ触れ合えておりません。買ってあげた本を読みながら本を破って食べて体に取り込んでいたそうです。ハンターハンターのビノールトさんのように。

札幌事情

どうもです。

 

金曜から仕事でお世話になったパイセンが札幌にきてまして、観光案内と一泊は家に泊めたりしてました。

なんか来てくれるのは嬉しいんだけども、時期が悪すぎです。紅葉も終わり、雪が積もる前というちょうど何もない時期です。しかも、天候も悪いし。

 

そもそも観光するとこなんてないし、そのパイセンが酒好きでも、ちゃんねーの店とかが好きってわけじゃないので、本当に案内に困りました。

適当に名物食わせたり、とにかく飯の美味いところ案内したんですが、、、楽しんでくれたのかは正直微妙です。

みなさん、こういうシチュエーションの時ってどうされでるんすかね?

 

今日の鯉太郎(娘)

パイセンには全く人見知りをせず、おとなしく抱っこされてました。

 

 

最近観た映画のネタバレなし感想

最近見た映画がどれもよく、感想書きたいなーと思いつつ挫折しておりました。
下記、箇条書きです。

 

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール

『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』予告編 - YouTube
原作好き+大根監督の映画は観に行くことにしているので行ってきましたが、面白かったです。
この作品の主人公(妻夫木)設定がちょうど同じ年くらいで、仕事的な悩みが重なる部分が多く、、、
最近、営業ってプレゼン能力とか企画力というよりも、相手のしてほしいことや言ってほしい言葉を空気を読んでこなしたり、言ったりする能力が一番大事だよなーとか思ったり。
あと、こういう女の子見るといつも思い出す子がいるんですけど、黒いドアが開きそうなんで蓋しときます。

②ゲット・アウト

『ゲット・アウト』予告編 - YouTube
尊敬する映画評論家の町山智浩さんが紹介していたので観てきました。
途中で気付く核心部分からさらに捻りが加わっていて、面白かったです。
機会があれば観ても損はないと思います。

ブレード・ランナー2049

映画『ブレードランナー2049』日本版予告編 - YouTube

長えなぁーと思いながらも、途中からどっぷり世界観に入り込んで、ラストは終わってほしくない!と思う不思議な映画でした。
結果、面白かったし、好きな映画です。
前作鑑賞が必須だったりするので、人には奨めないけど。
ちなみに、コンサの稲本選手のファンの人が
スタジアムに張っている弾幕の「強力いなもと」って、
元ネタ、前作のブレードランナーに出てきます。

マイティ・ソー バトルロイヤル

"Thor: Ragnarok" Official Trailer - YouTube
マーベル映画最新作。
「ソー」の単独映画って評価的にも、成績的にもイマイチなものが多かった気がするんですが、今回は世界的に大ヒットしてるし、面白かったです。
まさか日本でも初登場1位取るとは思いませんでした。
予想以上にコメディで狂った映画で、日本人しかいない環境で観るとちょっときついかも。
僕は近くに外人がいて、ゲラゲラ笑ってくれたんで、楽しく観れました。

来年から始まる「アベンジャーズ:インフィニティウォー」につながるので、アベンジャーズを楽しみたい人は観ておきましょう。

 

アトミック・ブロンド

映画『アトミック・ブロンド』予告編 - YouTube

最近観た中では一番!
予告にもあるように超絶美人のシャーリーズ姉さんが容赦なく男どもをボッコボコにしていくスパイ映画。
強い女性と屈強な男がガチで殺し合いをする場合、女性はどうやって勝つのか、といったアクションを延々と見せてくれます。
基本的には金的とか筋肉じゃ守れない弱点を相手が泣くまで殴るのをやめません。
ストーリーは複雑ですが、というか複雑にしようとして多少失敗している感もあるけど、音楽もよかったので本当に見てよかった作品でした。
最近、本当に涙もろくなっているのですが、途中ある7分近い連続バトルシーンで、アクションが凄すぎて感動というかなんかよくわからん感情になって泣いたのは初めてかもしれないです。個人的には今後のアクション描写がまた少し変わるんじゃないかと思える作品。

機会があればぜひ。

 

今日の鯉太郎

お父さんよりもお父さんのパーカーのフードの紐が何よりも好きです。