鯉たろう日記

子育てや映画の記録です。

なんでわざわざこんなこと言うの?

どうもです。

 

今日は日本戦ですね。

 

ゴタゴタですっかり冷めていながら「負けちまえ」とまでは思ってはいなかったです。むしろ昨日には少し楽しみにもなっていました。

 

 

 

その気持ちもこのツイートで一気に消え失せました。お疲れ様でした!

 

 

アルゼンチンvsアイスランドについて

どうもです。

 

ワールドカップ、毎日楽しいですね。

 

サトミキさんが叩かれてて悲しいです。サトミキさん、最高じゃないすか、叩く意味がわからん。

f:id:dms6388:20180618233224j:image

 

 

 

アルゼンチンの試合について。(アルゼンチンvsアイスランド)

かなり塩分濃度高めでしたけど、アルゼンチンファンの僕としては非常に楽しみました。アグエロさん、何気にワールドカップ初ゴールなんですね。素晴らしいゴール、おめでとうございます。ハムストリングには気を付けてね。内容的にはメッシが叩かれてますがよく頑張ってたでしょ。あんだけ常にゴール前に8~10人でブロック作られている状況で、なんでシュートまで行けるの??っていう場面も多くありましたし。次はクロアチアなんで、引いてこない相手にはもっと連動した攻撃になるのかとかそんなところが楽しみです。ただ、ディバラとか凄い楽しみにしてたんだけど、、、あの感じだと活躍するの難しそうですね。メッシと10人の仲間でもいいんだけど、メッシ外してアグエロディ・マリアイグアイン、ディバラとかの布陣もみたいなぁという気も。

f:id:dms6388:20180618162133j:plain

アルゼンチンのイメージ

 

 これから眠くなるまでベルギー戦観たいと思います。

 

今日は以上です。

 

今日の鯉太郎

空前のお絵描きが到来しています。

ワールドカップとアルピー

どうもです。

 

ワールドカップ開幕しましたね。協会のせいで日本代表には興味が失せてしまいました。ここでケイスケホンダ外しができるような健全な代表だったらこんなことにはなっていない気がしますが、、、日本代表はいったいどうなってしまうのでしょうか。他国の試合は楽しみなのですが、ぼくの優勝予想はアルゼンチンです。戦力分析とかしてませんが、好きなんでずっと応援しています。メッシ、アグエロイグアイン、ディバラ、ディ・マリアを前線に並べて、マスチェラーノが灰になるまで走る、真・ファイヤーフォーメーションを見たいです。相変わらず前線は豪華ですね。一人コンサにくれ。テべスでもいいんだ。ていうかテべスがいいんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:dms6388:20180615180632j:plain

※写真は前大会代表に選ばれなくて、「いいんだ、元々その日程は家族でディズニーに行くつもりだったし」と自らアップした写真 ナイス笑顔!

 

アルコ&ピースのスペシャルウィークのラジオ面白かったですね。炎上してしまった案件をどう落とすのかが注目していましたが、まさか別案件で悪口言って怒らせた当事者を呼んで、その人からの気にしてないですの言質取りながら、表向きには全面謝罪しながらこんな地下ラジオの企画で怒ってるんじゃねぇ!と下から殴る高等テクニック!見事でした。怒ってる人たちなんて元々アルピーのラジオなんて聞いたこともない人達だろうし、今回も多分聞いてもいないんでしょうし。

 

まぁ、ぶっちゃけぼくも全作映画館で観てるぐらいにはファンですし、個人的なシリーズのベストはファルコンが初登場する「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」なんで、二人とリスナーからの雑なファルコンいじりには若干イラッとしましたし、字面だけ読んだアベンジャーズファンは多少怒ってもしゃあないかなとも思うので、、、今回はこの辺で終息してもらえたらと思います。

 

鯉太郎の1歳半検診がありました。基本的には健康でド平均の成長をしている娘ですので特に問題はなかったようですが、たまに激しい癇癪があって、それが月齢にしては早すぎるみたいで。このまま様子見ながら治らないようなら診察が必要な案件だと言われてしまいました。あんまり心配はしていないのですが、今は色々あったこともあり普通に生きてくのって超大変モードなんで、娘だけでも元気に健康に成長し、それをずっと見守れたらなとは思っています。

 

今日の鯉太郎

予防接種も少ししか泣きませんでした。つよいこ!

間が空きました。

どうもです。

 

ご無沙汰しております。

 

僕の母がまた言い間違いを。映画「万引き家族」のことを「泥棒家族」と間違えて話していました。なんでしょう、毎回のこのワードセンスは。素晴らしいです。

 

退院明けから繁忙期に入り、怒涛の日々を過ごしておりました。最近は少し落ち着いてきましたが、あんまり5~6月の記憶がございません。あと、ちょっと家族に色々ありまして。大変凹んでおります。事故にあったとか鯉太郎(娘)になんかあったとかそんな話じゃあないんですがね。とても落ち込んでなんとなく気分が切り替えられないまま惰性で仕事してる感じです。さすがにブログでネタにできることでもないので、お会いしたときにでも話せたら話します。

 

唯一の救いは鯉太郎(娘)が元気に育っていること。最近は突然覚醒して、会話も多少こなせるようになりました。身長と体重も平均ど真ん中ですくすく育っています。少し平均よりも重いですが。近所に友達も出来て遊んでますし、家でも教育番組やアソパソマソを見ながら踊り狂っています。

youtu.be

 

ていうか、カナリア解散してたんだ…

 

今日の鯉太郎

何語かつなげて話したり、歌もだいぶ歌えるようになってきました。

映画の感想(4月)

どうもです。

 

映画の感想溜まったので書きます。※公開順前後します。

パシフィック・リム アップライジング(19本目/映画館)

レディ・プレイヤー1(20本目/映画館)

ブラック・ミラー S1(21本目/Netflix)

マンハント(22本目/Netflix)

デアデビル S2(23本目/Netflix)

アウトサイダー(24本目/Netflix)

アナイアレイション(25本目/Netflix)

ボーダーライン(26本目/Netflix ※公開済過去作)

スプリット(27本目/prime ※公開済過去作)

アバウト・シュミット(28本目/prime ※公開済過去作)

パニッシャー(29本目/Netflix)

好きだったのは「レディ・プレイヤー1」と「パニッシャー」、「マンハント」です。逆にダメだったのは「パシフィック・リム」。大好きだった前作を思い出して悔しくて泣きそうになりました。海外ドラマは面白い物が多いですが、1シーズンで一本換算とか少しやっちまったかなとは思っています。とにかく見る時間がありません。個人ブログなのである日突然2時間で1本分換算や!とかになって、本数が爆発的に増えてても笑って許してください。

 

パニッシャー」について。

主演はこの人です。ジョン・バーンサル

www.cinematoday.jp

 

僕は「ウォーキング・デッド」のシェーン役で知り、大好きになりました。演技も上手くて雰囲気とか無骨な感じが好きです。「ウォーキング・デッド」でも初期のリックと対立しましたが、後々考えればシェーンの言ってることや判断が正しいことも多かったのかなと思っています。(途中からのリックはシェーンの考え方に近いですし。要するに悪いのは全てリックの奥さん)「ウォーキング・デッド」でブレイクした後、映画とかでちょこちょこ見かけるようになりました。個人的に彼が出てるとそれだけでその映画の評価が少し上がる程度には好きな俳優です。

パニッシャー」は「デアデビル」からのスピンオフなので、「デアデビル シーズン2」を見ていないとわからないところもありますが、基本的にはここから見ても面白いとは思います。化物みたいに強いけど、ちょくちょくやられて死にかけるパニッシャーさんが本当に良いので暇な方はぜひ。

 

以上です。

 

今日の鯉太郎

なんか挨拶とかありがとうとかを急に言わなくなって、お母さんにいつも怒られてます。そして、それを楽しんでる様子です。

本田選手のプロフェッショナルの感想

どうもです。

 

昨日から職場復帰しておりますが、膝のリハビリよりこっちのリハビリの方が大変かもしれないです。(実質16連休明けですからね~。やる気でない…)

 

皆さま「ドキュメンタル シーズン5」見てますか?ネタバレになるとあれなんで詳しくは言いませんが秋山やっぱり滅茶苦茶面白いですね。あの歌が頭から離れなくて鯉太郎(娘)と遊ぶ時も口ずさんでしまっています。

 

というわけで本田選手のプロフェッショナルの感想でも書こうかと思います。

www4.nhk.or.jp

一応日々映画などよく見ておりますのでその視点で言わせてもらうと、今回はドキュメンタリーとしては相当失敗していると思います。構成が本当に無茶苦茶でした。番組前半はハリル監督の求めるプレーにメキシコの高地で縦へのスピードと決定力を鍛える本田さんだったのが、番組終盤、ウクライナ戦で監督の指示を無視して下がって組み立てる(結果シュート0)→これがケイスケホンダ(≒プロフェッショナル)や!って、この流れで見ると本田さん頭おかしくないすか?というか、もうハリル監督の求めるプレーが無理だからやけくそになったとしか思えない構成だったんですけど。そして、監督の指示に従うことを「服従」というのはもうなんかアレでした。

 

※まあ本人協力してる漫画でこんな感じの人ですからね。

f:id:dms6388:20180515190630j:plain

 

あと気になったのは、ずっと本田さんが代表から落ちるかもしれない、メキシコで結果を出さなくては!と苦悩するみたいな演出がされていました(ここも得点取ったから代表に返り咲いたみたいな演出だったんだけどPKですからね)。毎回ハリル監督も会見で本田さんに言及していた気がするし、サッカーファンの中で最終的に本田さんや香川さんが代表に呼ばれないとか思っている人いなかったですよね?(最悪でも最終の予備登録にまで入らないことなんてありえなかったですよね?)なんかこの辺がハリル監督と本田さんが向いてる方向が違うというか、コミュニケーション不全といえばそうだったのかもしれないですね。

まあでも番組の失敗は仕方ないとは思います。密着で追いかけてる間、直前でハリル監督が解任されるなんて思ってもいなかったんでしょう。もし、これでハリル監督が解任されていなかったら、ウクライナ戦で我を通してこれで最終的に代表入りがダメでもしょうがない「だってこれがケイスケホンダだもん」でキレイな自決ができてたんでしょうけど。番組の中でも面白発言も多くあり、昔はそういうの含めて大好きな選手だったのですが、今回は正直あんまり見ていて楽しめなかったのが僕の感想です。このタイミングで本田さんが残念な感じに見える番組って誰得なんだろうと心から思いました。あと、CSKA全スルーもびっくりしましたし。

 

今日は以上です。

 

今日の鯉太郎

ようやく髪を結ばせてくれるようになりました。

タクシー運転手 約束は海を越えての感想(後半ネタバレします)

どうもです。

 

まとめはずっと入院なのでお休みします。

 

入院前に観た『タクシー運転手 約束は海を越えて』(18本目/映画館)の感想です。

eiga.com

 

公開規模は小さめです。(北海道は札幌のミニシアター1館?)ただ、町山智浩さんがラジオで紹介したり、クチコミでも評判になっていたりするからか僕が観た回は朝から満席でした。実話ベースですが、若干の映画的な演出があります。ぼくは観れてとても良かったです。

 

鯉太郎(娘)が出来てから『ダメ父さん&娘』という構図だけでぼくはもうダメです。やわになっちまいました。実際に韓国で起きた事件をモデルにしてはいますが、ぼくは全然知らなかったですし、お隣の国で起きた事件で日本も多少関わっているので見て損はないと思います。何より映画としてめっちゃ面白いしね。

 

あと、自分はノンポリのつもりですが、右や左のどちらかに振れすぎないよう注意して、鯉太郎(娘)に変な影響を与えてはいけないなと改めて決意しました。

 

以下ネタバレします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以下ネタバレです。

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 面白かったですけど、多少文句もあります。

 

 

 

 

 

 

劇中、「通行止めになるから○時までには出発しなきゃ」とかよく出てきてたんですけど、そこら辺りがちょっとわからなくて。そもそも光州があの状態だから通行止めなのか、当時の韓国では時間で高速道路が通行止めになったりするのか。それによって主人公の立ち回りも変わってくるんじゃないかとは思うんですけど。(そもそも本当に乗るはずだったタクシーにはなんて説明してたの?とか)調べればわかるんでしょうけど、その辺はあんまり入っていけませんでした。まあ、主人公が娘の靴買ってあげたぐらいからずっと泣いてたのでよくわかりませんがね。あと、直接映画には関係ないことはわかってるんですけど、映画製作時には主人公のタクシー運転手の素性がわからず、映画は最後まで運転手とドイツ人記者は再会をせずに終わっています。(ドイツ人記者本は出てはきます。)映画公開後運転手の息子が見つかったっぽいんですよねー…しかも、なんか映画の主人公と全然違うっぽい。

映画「人情派個人タクシー運転手」

事実「外国人相手の高級?タクシー運転手」 

 

 恐らく映画の中の主人公像って、ドイツ人記者にも取材してるだろうから全部が全部嘘ではないと思いますが、、、。映画は映画として見ればいいとは思いますし、まあ色々調べるんじゃなかったなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上です。