鯉たろう日記

子育てや映画の記録です。

バイオハザード ザ・ファイナルを観ました。(ネタバレします)

どうもです。

 

見逃していた「バイオハザード ザ・ファイナル」がNETFLIXにあったので見てみました。

eiga.com

 

一応このシリーズは全作品を見ています。

 

初期は好きで映画館に観に行っていた気がします。
特に2が好きで、映画が好きというよりは、実写版ジルが好きでした。

素敵!前にもなんかに書いた気がする。

 

全部ではないですが、 ゲームもやっていたりするので、クリスとかレオンとかが出てきて嬉しかったけど、個人的にはどんどんシリーズに乗れなくなっていきました。

 

乗れない理由をぼんやり考えてみました。

①シリーズを続けている意味

どういうつもりで作っているのか知りませんが、毎回この映画って新作がスタートすると、前作まででがんばったこと、成し遂げたことが無かったことにされてる印象があります。さながら期末の目標数字を乗り越えても期ごとに全く新しい数字を設けられる営業マンのようです。今作もそうだけど、毎回仲間と必死に脱出したり、ボスを倒したりしても新作になったらアリス一人ぼっちで、どうやら失敗して全員バラバラか、死んでるっていう…なんでせっかくのシリーズ物の優位性使わないんだ(バカなの)と思っちゃいます。

 

 ②人の死が軽すぎる問題
いつから出てきたか、クローンというなんでもありの存在により、人の死がとっても軽いです。シリーズ途中でも主人公や仲間のクローンが登場したり、倒したはずの敵が実はクローンでしたみたいな。別に人類終末映画だからバンバン人が死んだっていいんだけど、必死さがあんまり伝わってこないというか、全体的に人の死が軽すぎるんですよね。真面目に見るつもりがどんどんなくなっていきます。あと、前述した人気キャラクター達も俳優との契約とかなんとか仕方ないのかもしれないけど、レオンとかなんで出したの??というレベルだったりします。

 

このような辺りが僕の思う「バイオハザードの映画もう少しどうにかならなかったの?」部分です。

 

 

 

 

 

さて、「バイオハザード ザ・ファイナル」についてです。

冒頭、前作ラストで向かったワシントンにおいて、仲間になったはずのウェスカー(ウェスカーもアリスとクリス&クレアが必死に爆死させたはずなのになんか生きてた)の罠にはまり、全滅したらしく、アリスさんが一人で登場します。突然出てきたレッドクイーン(アンブレラ社のマザーコンピューターみたいなやつ)に、特に何が行われるかはよくわからないけど、どうやら残り48時間で人類が死滅する作戦をアンブレラ社が決行するので、それを阻止すべくラクーン・シティに向かわなくてはいけない。そして、なんやかんやあって(敵に囚われようが何しようが何故か目的地に向かって進む。48時間内に二回も罠にはまって気絶するとかアホすぎない?)、偶然そこにいたかつての仲間のクレア達(日本からはローラが参戦)と一緒にアンブレラ社の本部に潜入して、超便利な抗ウィルス剤を手に入れてやったー!的な話。

 

いやー、話雑すぎですね。

 

書いてみて思ったけど、漫画版「ナウシカ」みたいな話ですね。そもそもが聖書にあるのかもしれないけど。ストーリーの仕掛けはもうちょっと色々あるし、シリーズを見てれば「お!」と思う部分もあるけど、雑な部分が目立ちすぎてあんまり入っていけませんでした。ただ、ここまで否定的に書いたけど、色々ツッコみながら楽しんだし、アクション部分とかはそこそこ良かった。アクションの描写は見にくかったけど、なんとか観客を楽しませようという気持ちは伝わってきたし、ミラ・ジョヴォヴィッチの頑張りは素直に感動しました。ウェスカーの最期とかなんじゃそりゃだけど。

 

シリーズも一応はこれで終わりということで、日本の原作をここまで盛り上げてくれたミラさんにはお礼を言いたいです。

 

今日は以上です。

 

今日の鯉太郎

簡単な会話のやり取りができるようになっています。

コンサドーレ箱推しおじさん

どうもです。

 

代表戦やってますが、コンサドーレの話題。

 

少し前ですが、アフター6ジャンクションのこの特集が面白かった。

www.tbsradio.jp

 

そして、今日の日記を書こうと思ったきっかけ。マンチェスター・シティ大好きおじさんこと「ソーサリグエー」おじさんのインタビューが面白かったです。

www.soccer-king.jp

 

2011年からの新参者ですが、すっかり「コンサドーレ箱推しおじさん」となっている僕としては、このフットボール母国の偉大な先輩の話は興味深いものでした。ノエルおじさんのクラブの資金に関しての考え方や、外国人サポーターに対しての姿勢なんかはとてもタメになったし、ルーニーの件は超笑いました。

サポーター歴が長くなってくると、チームへの知識とか応援の姿勢とか関わり方の違いなんかは当然出てくると思います。クラブがJ1に定着して大きくなっていこうとする中で人も増えて、僕なんかも所詮ここ7年程度ですが、観戦していて、ん?と思う他サポーターもよくいます(うえじさんもよく書いてますが)。

今回のソーサリグエーおじさんのインタビューを見ていて改めて思ったのが色んなサポーターがいること。僕はコンサが勝てばいい「コンサドーレの箱推し」だし、人によってはこの選手を出場させない監督はクソだ!みたいな推しの選手がいる人もいるだろうし、前田はんみたいな野々村社長好きの「運営推し」という珍しい人もいますしね(勝手に付けてすみません)。

ここ数年でもJ2で優勝して、J1上位にいるなんて夢みたいだし。 ノエルおじさんの言うとおり、良い時もあれば悪い時も出てくると思うけど、見捨てずにずっと応援していこうと思いました。

ノエルおじさんに触発されて、降格争いをする予定のチームからユース出身選手を狙ったり、契約解除になったところを狙うハイエナみたいなチームは嫌いだとか、代表辞退やBチームでACLに出るのとかどうなのみたいなことを書きたいと思っていたのですが、全然違うところに着地しました。

4日目ぐらい

どうもです。

 

地震から4日目?ですが、スーパーやコンビニの混雑も落ち着き、平穏を取り戻しつつある感はあります。品物はほとんどないですが。

 

ただ、落ち着いた感はありながら、ツイッターとか奥さんのママ友ラインで余震が来るから気をつけて!みたいなのが流れてきたりとか、CMがACだらけになってたりで、まだ普段に戻るなよテメェら的な状況にはあります。明日からなんとなく仕事的にも通常営業ですが、職種的に通常通りできるか微妙です。

 

まぁ、そんな中にぶちこまれた昔好きで写真集持ってた吉澤ひとみの事件が一番ショックでしたけどね。

 

今日の鯉太郎

ストレスなのか、知り合いの同年代の子供達が体調を崩す中、うちの鯉太郎は変わらず元気です。

震災二日目

どうもです。

 

我が家は無事です。

 

ぼくの家は比較的ライフラインがすぐに戻った方ですが、それでも色々と不安な1日を過ごしていました。朝から自転車で仕事に行ってはみたものの、一切仕事にならなかったので昼過ぎにはさっさと帰ってきました。

 

鯉太郎には特に影響なく、むしろ家族でずっと過ごしているので、すこぶる楽しそうなのが救いです。これ以上大きな余震がないことと皆様の無事を祈りながらさっさと寝ます。

「今田×東野のカリギュラ シーズン1 11話」を見ました。

どうもです。

 

今日は『今田×東野のカリギュラ シーズン1

11. ROAD TO WALKING DEAD 第1回芸人ゾンビオーディション』を見ました。

www.amazon.co.jp

 

 

この番組の「鹿を狩る」シリーズが大好きだったんですが、個人的に回によって当たり外れが非常に大きく、この芸人ゾンビ回といくつかは後回しにしてしまっていました。

この番組はあらすじにもあるように、
「地上波放送では、禁止された企画書の数々。マニアックすぎて視聴率が見込めない。コンプライアンス的にNG。くだらな過ぎる。しかしそんな禁止された企画書の中には宝が埋もれている。一度は闇に葬りさられた企画がいま蘇る!」
というコンセプトで作られています。

本企画に関しては「くだらな過ぎる」にカテゴリーされると思います。

 

ウォーキング・デッド」が大好きな芸人達が、なんとかゾンビ役で出演するためにゾンビの演技対決をするだけというものでして。(基本的にアメトークとかもそうだったんですけど、ゾンビ物が大好きというテレビで発言する人達はただウォーキングデッドが好きなだけだと思います。)

内容はヤギを襲ったり、車に逃げ込んだリック(ぽい人)を襲ったり、火を放たれたりと様々な場面のゾンビを演技をするだけ。ぼくも「ウォーキング・デッド」にハマっているので、あるある感もあり、くだらなくて最高でした。

個人的に好きだったのは、千鳥の大悟で演技も上手くてこんな企画なのに真面目にやっていて、しかも笑える素晴らしい演技だったと思います。吉村とかはふざけ過ぎていて若干イラッとしました。

遠出出張でボロボロになった帰りの飛行機で見てたんですけど、くだらなすぎて声出して笑っちゃいました。

カリギュラのシーズン2も公開されたことだし、これを機に残りも全部見ようと思います。

 

 今日の鯉太郎

あらゆるキャラクター物が好きになってきてキャラクターが渋滞しています。

『バキ』11話「虎殺し」感想

どうもです。

 

台風すごいですね。

 

さて、『バキ』11話「虎殺し」を見ました。

baki-anime.jp

相変わらずNETFLIXは観ています。『バキ』もそうだけど、『ハイスコア・ガール』とかアニメが充実してるのがいいですね。

なんか当然読んでる前提で話されることが多いもんで、言いだせませんでしたが実はバキは未読です。(最新の「武蔵編」は全部観ましたよ)今回のアニメは死刑囚編と言われるシリーズみたいですが、個人的な「バキ」の勝手なイメージは戦いばっかりって感じだったけど、アニメは理屈とか多くてテンポが悪い気がしますが(特にここ数話)これはいつものことなのかアニメだからなのか。それでも花山のバトルは楽しかったので毎週更新楽しみにしてますけどね。いつか漫画も全部読まなきゃと思いつつ、なかなか手が進まない日々です。

 

今日の鯉太郎

最近お父さんに懐いてきてなんだか壁を突破した気がします。

 

「検察側の罪人」の感想

どうもです。

 

検察側の罪人」を観ました。
僕が観た回はほぼ満席。そして、あんなにオバ様だらけの場内は久しぶりでした。

eiga.com

原作とラストや途中の展開は一部変わっているとのこと。(原作未読) キムタクとニノの初共演が話題になってますが、ニノは相当良かったし、キムタクも良かったと思う。
予告でも使われてますが、ニノの取り調べでの罵倒シーンが最高。
アドリブも入れつつ、あの罵倒ができるのは素直に凄い。
よく奥さんからの罵倒ポイントが貯まる僕ですが、奥さんがニノじゃなくてよかったなと思います。

ちょっと何言ってるかわからなくなりましたが、個人的には好きな山崎紘菜も観れたので満足です。

 

今日の鯉太郎

噂のイヤイヤ期に突入したのか、激しく主張をし、それが通らないと激しく暴れます。